この世界から君がいなくなったら

私と、わたしのヒーローの話

だってこれは、ウェディングダイエットだから。

※前置きがちゃくちゃ長くなったので本題に飛びたい人は下のリンクを押してね♡(ごめんなさい)

 

 

手越さんにプロポーズされる予定のみんなー!!元気ーーー??????

生きてるーーーーー?????

私は死んでる(尊すぎて)

 

手越ソロ「プロポーズ」

作詞・作曲:手越祐也

 

だけでもう結構瀕死状態になってる。だってプロポーズですよ?そんなことある…??

あの「付き合うって結局口約束だから」とか超絶冷めたスタンスのゆうやさんがプロポーズですよ…??

にゅす恋読んで「はー。ヒロインちゃんは手越さんと結婚するのか…いいな…私と同姓同名の人生の成功者ヒロインちゃん……」とか思ってたのに。

ヒロインちゃんって、もしかして私なのでは…??

って思っちゃったよね。

そう、あれ、私です。

私であり、あなたです。

すごい。完全に一夫多妻制なのにちゃんと「私と手越くん」を一人ひとりに感じさせてくれる手越くん、天才なのでは…(まだ1音も1句も聞いてません)

さすがにこんな大胆な曲名つける人他にいないでしょ…って思ってなんの気なしに検索してみたら…

f:id:tgszr15:20200213163752j:image

純烈先輩ィ~~~

うたコンで散々ヨイショしていただいて本当にありがとうございます…またよかったら共演してください……

愛を抱きしめ 夢を抱きしめ
びわをおくるよ プロポーズ
いとしい女(ひと)よ やさしく眠れ
このままこの手を 離さない

えっ……めちゃくちゃいい歌…

 

僕には僕の 君には君の
ふたりの未来 育てよう

LoveStoryみがすごい。

えっ、めちゃくちゃいいなプロポーズ…1秒も聞いてないのにすでに純烈さんちょっと好きになりそう……←

このテーマで自担が歌うソロ曲…いやマジで本当にマジで

太ってる場合じゃねぇ。

こうなったらこっちも準備だ!ウェディングダイエットするぞ!花嫁は綺麗になるの知ってんだぜ!!大学時代太めだった友達が超絶怒涛の美人花嫁になってたの私知ってる!一昨年経験したの!結婚おめでとう!!(今さら)

ということでダイエットへの決意を固めた2/7でした。

 

現在の私のスペック

さて、ようやく本題に入るわけなんですが、プロポーズされようがされまいが自担が誰だろうが私も痩せたいのよ!!って人もぜひぜひ読んでください。同志が多い方がモチベーションも保てるし!

ちなみにプロポーズはてごちゃんのソロ曲ですけども、小山担もシゲ担も増田担も「私信…!!」って思ってて私はいいと思ってます。てごちゃんはみんなのダーリンなので(大声)

 

ということでまずは自己紹介、というか私のスペックから。

「いやダイエット必要ないじゃんww」みたいなダイエッターが世の中に蔓延しているので本来のデブ、本当のデブ、正真正銘のデブ、こと私のことをまず知っていただいて、モチベーションにしていただけたらと思います。

 

年齢:25歳(これ別にいらない?参考までに)

身長:154cm

体重:58kg

スリーサイズ:86.1 / 77 / 97.5

 

こんなもんでいいかな…

ちなみにこれでもダイエット成功中なんですよ。

スリーサイズだけ書くと前はもっとひどくてね…

右が去年の8月くらい、左がついこの間のデータです。

f:id:tgszr15:20200213165449j:image

全体的にサイズダウンしてるのですよ……

ちなみに「ダイエットすると胸から痩せるからヤダ!!」って人いるけど正しく痩せればバストサイズ自体は維持出来ます。(むしろ私はサイズアップしてる)

これに関しては要望があれば詳しく書こうかな。

「えー!痩せてるじゃん!ダイエットなんて必要ないよー!!」って言ってくれる優しい友達に囲まれて生きてるんですが、私のリアルなデータを見てくれ…

健康的と言われているBMI22でさえ大幅にオーバーしてるんだ…24.4だってよ…肥満と言われる25の1歩手前じゃん……

 

f:id:tgszr15:20200215135025j:image

お分かりいただけますか?着痩せしてるだけなんです……

私もっとあるよー!って人もご心配なく!ピーク時は私65kgあったので!!

 

痩せない豚は幻想を捨てろ

「ピーク時よりだいぶ減ってるし太めかもしれないけど、周りにデブって言われないしいいもんっ!祐くんはそんなこと気にしないで好きって言ってくれるもんっ!」だと…??オイ、マジか。数ヶ月前の私、マジか。いいのかそれで……これからお慕い申し上げて止まない手越祐也さんにプロポーズされるんだぞ…?

f:id:tgszr15:20200213170351j:image

「豚って体脂肪率低いもん!それはむしろ褒め言b」

うるせえ

グダグダ言ってる暇があったら本書を読め。5冊くらい買って家の至る所に置いておけ。

 

……っていう口調になってしまうんです、この本読んだら。

これを読んで私は気づいたのです。

「私は、デブだったのだ」

と。

目を背けたかった現実との対峙、忘れたかった事実を目の前にした絶望、穴の中に篭もりたいほどの屈辱。

それらを全て乗り越えてやっと受け入れたのです。

私は「まだ大丈夫じゃん……?」に甘えていただけだったのです……

以前から著者である「テキーラ村上」さんのブログは拝読しておりまして、(はてブロでやってるよ!)実際に参考にして生活を改めたりしていたのですが、どこか当事者意識がなかったのだなぁとつくづく実感させられました。

「私はデブでも全然気にしてない!むしろアイデンティティー!ハッピー!!」って人は傍から見てどんなに悲惨でもいいと思います。

「幸せは自分の心が決める。byらふを」(嘘つくな)

ただ、太ってると自分が感じることで気負いしたり自信が持てなかったりコンプレックスに感じていたりするならば。

それはやっぱりちゃんと向き合っていかなきゃいけないし、それが本書の対象者だし、このブログ記事もお役に立てたらと思っています。

9割5分がデブへの罵倒で成り立っている本書ですが、正しいダイエット知識、モチベーションの保ち方、メンタル論等、本当に勉強になることばかり詰め込まれているのでぜひご一読下さい!「メンタル論」が第1章に来てる時点でかなり信頼出来ると思いません?

テキ村さんの回し者みたいって??

回し者です。信者なので。

痩せない豚は幻想を捨てろ

痩せない豚は幻想を捨てろ

 

 



ダイエットマイルール7ヶ条

テキ村さんの著書を読んで、また、自分の経験則から、今回のダイエットマイルールを決めました。

目標は「少しでも可愛くなってNEWSさんに会いに行く」にします。

本当は具体的な数値とか、来たい服とか達成できたことが分かるものがあればいいんだけど、(ある人はぜひそれを掲げてください!)見つかったら更新していこうかな(こんなんでいいのかダイエッター…。)

 

1.体重に左右されない

ダイエットの話題につきものなのがこの「体重」。増減、気になるよね。分かる。

変化が数字として最も表れやすいのでダイエッターは必ずと言っていいほど記録してると思うんだけど、1日単位で一喜一憂するの、やめない?

「昨日あんなに食べなかったのになんで増えてるの」とか「今日はこんなに減ってラッキー!ご褒美にお菓子~♪」とかもうやめよう。数字に踊らされすぎだ。

人間の体ってそんなに単純じゃないんですよ。500g食べたら500gぴったり増えることなんてまあありません。生命の神秘を舐めるな。

食べた総量、それぞれの栄養価による吸収率、水分とのバランス、排泄、運動量…

とにかく色んなものが絡み合って今のあなたがいます。(えー!なんかめっちゃ保健師っぽいこと言ってる!!)

ポテチ100gとレタス100gで全く同じ体重になると思う?

「どのくらい食べたか」じゃなくて「何を食べたか」だと思うんです。

 もちろん結果として体重は大事ではあるけど、増えることによってモチベーションが下がるのであればいっそ計らないか頻度を減らすのもありかと!私は量るけど(量るんかよ)

 

2.水を2ℓ飲む

とにかく水。まずは水。何が何でも水。

みんな、水が足りなさすぎだ。

人間の60%が水なのにどうして水を飲まないんだ。

「だって、水太りって言葉もあるし…」じゃないんだよとにかく飲んでくれ…。

むくみ?それはビタミンのバランスが取れてないせいだ。水は悪くない。

水に罪はないんだ…。

私の敬愛して止まない奇跡のアフロディーテこと田中みな実様は1日3ℓも飲んでるんだぞ…大丈夫だ。水じゃ太らない。水中毒の心配があるのは1日10ℓが目安だそうだ。1日2ℓ生活をすればいかにやべえ量なのかわかる。常人に飲める量じゃない。

(全部、過去の自分に向けたメッセージ)

体内に水分量が十分にあれば肌もツヤ感が出るしなんとテカらない。びっくりじゃない?水分が少ないとテカるんだって、肌って。

これが私的には今のところ1番キツいなぁ……慣れるまでが大変…

 

3.糖質・タンパク質を意識した食生活

カロリー計算が死ぬほどめんどくさいし、記録して計算して、が続かなくて挫折した過去があるのでカロリーはあまり考えてません。

糖質制限をしている私が気にするのは2つ。

「炭水化物」と「タンパク質」

炭水化物、糖質。これは1日80-100gまでにします。

ちなみに白米のお茶碗普通盛り(150g)で55gくらい。

茶碗二杯分いかないくらいが基準というわけです。

1食は糖質抜きにするか、1回の量をめちゃめちゃ減らすかどっちか。私は抜いてる!

これはまだちゃんと測れてません。

逆に、お菓子食べたくなった時も1日の糖質量を大幅にオーバーしていなければいいよ!ってことにしてる。(本当は糖質の質がかなり悪いからよくないんだけどね)

 

タンパク質に関しては色んな高タンパク食材を駆使しながら摂っていきたい!ゆくゆくは!

今のところ鶏むね肉を食べまくってます……

いかに柔らかく幸せに調理出来るかに賭けてるとこもある…。鶏もも肉か…??って境地まで来ました。←

タンパク質の摂取基準は体重1キロに付き1.5g。

私は多めに見積って60kgで計算してるので1日90g。

まぁ無理だよ!ほんとに!!

これは毎日は達成出来てないですね……

プロテインとかギリシャヨーグルトでカバーすると達成しやすくなるかも。今になって考えると「小さい容器でタンパク質10gのヨーグルト見つけた!!」ってはしゃいでた某小山さんの気持ちが痛いほど分かる…タンパク質……なかなかとれないよね……

 

外食する時もこの2つを参考に見ると頼みやすいし罪悪感も少ないかも!「いや、私ここでちゃんとタンパク質10g摂ったし!」って開き直れます。(開き直りも大事なダイエッタースキル)

6.とも関連してきますが、食に関しては「いかに罪悪感を覚えないか」をポイントにしています。

 

4.筋トレを頑張る

もう大分筋トレブームが蔓延してるしNEWSさんも4人中3人はバキバキに鍛えてるし(シゲちゃんもキックボクシングはしてるもんね!)このあたりのモチベーションはNEWS担ってだけで高くなるかなぁ……

色んなところに「オススメトレーニング!」って書いてあるから「結局どれが効くの…??」ってパニックになってたんだけど

どれでもちゃんと続けてれば効果は出るよ。

一番よくないのは「あれもこれも、やっぱりこれも!」って欲張った挙句一気に飽きちゃうやつね。はい、昔の私ですね。

また別の記事で書いていこうと思うのですが現在ジム通い中です。

ここ2か月くらい一切足を踏み入れてなかったけど、ようやく復活しました笑

 

5.緊急時のおやつを決めておく

「ダイエット中だからお菓子なんて言語道断!…なのは分かってる!分かってるけど!お腹がさっきからずっと鳴ってる!!警報と間違えて周りの人が避難しないか心配!」って時ないですか?私はあります。

こんな緊急時用におやつを用意しておくことをお勧めします。

 もちろんチョコでもケーキでもタピオカでもないよ!スタバのフラペチーノ??1行目から読み直してくるか????

私はミックスナッツとドライフルーツを常備しています。もろもろのビタミンや食物繊維が摂れるし、油分があるから少量で空腹しのぎにもなるのでおすすめ!ただ小分けの袋で買うと高いので、私はまとめ買いして少しずつタッパーに入れて持ち運んでおります。

もちろん食べ過ぎには注意なので1日40gくらいが目安かな?緊急時のおやつと大量の水があればなんとかしのげてます。今のところは。笑

 

6.大切な日は好きなだけ食べる

 「私ダイエット中なのでサラダだけ食べます」

これ私が人に最も言いたくないセリフ。

もちろんダイエットは応援してほしいけど、そのことで一緒にいる時間を、おいしいものを、共有している時間を犠牲にするのはあまりにもナンセンスだと思うのです。

だから、食べたいときは食べる!ストレスを溜めて続かないよりずっといいと思います。

食べることの幸せを捨てたらダイエットってめちゃくちゃ虚無じゃないですか…?

食べ過ぎたなら次の日以降で調整すればいいし、ケーキ一つで今までの努力が水の泡になるわけではありません。(もちろん節度はあるけども!)

ちなみに私は昨日深夜にパスタとサムゲタンとバレンタインのチョコを食べました。(自戒)

 

7.可愛い顔でいる

ダイエットって大変ですよね。我慢しなきゃいけないことも多いし苦手なこともしなきゃだし、辛いし。

そんな時、鏡に映った自分が悲惨な顔だったらもういよいよ救いがない。って私は思ってるので美容にも同時に力を入れます。肌の調子がいいとそれだけでテンション上がりません??

 テンションが上がらない時こそ好きな色のアイシャドウを、可愛い色のチークを、ちょっと強気なリップを。

 そうして自分を鼓舞することもモチベーション維持の方法のひとつだと思うし、可愛くきれいでいるためにダイエットをしているわけで、決して義務だから、ではないわけで。

きっと頑張ったその先にご褒美みたいな自分がいると思ったら、少しでも前向きになれるんじゃないかなー。というスタンスでいます。

 

大好きなNEWSに会うための準備

たかがライブのために、お金はこっちが払っているのに、何をそんなに気合い入れて準備する必要があるのかと、傍から見たら思われていそうだけど、きっとこの記事に共感してくれる人の想いは一緒だと思います。

努力している人に見合った人間になって当日を迎えたい。

ツアーに向けて頑張っている彼らに倣って、というか、自分自身も「何か頑張った」という結果を持って会場に行きたいんですよね。そう、自己満です。

だから別にダイエットじゃなくてもいいんですよね。ずっと後回しにしてたこととか、諦めようかと思ってた目標とか、小さくてもいいから達成感を持ち寄りたいのです。

基本的に1年に1回しかないツアーだから、大事なデートだから、そのために全身全霊で準備をしてる彼らに少しでもいい顔で会えるように。

そう気持ちを新たにしているフォロワーさんが私の周りには沢山いるので、少しでもお力になれたら嬉しいです。(なんて忠誠心はあんまり持ってません← この記事も80%が自己満足です。)

ということで!私はオーラスまでに気長にダイエット頑張りますので!よろしくお願いします!!

 

食事編と運動編は詳しく書けそうだったらまた別に書きます!!

好きなことを仕事に。

てごちゃん、OPENREC初回放送お疲れさまでした!

2月6日昼。

ふと開いたTwitterで「ゲーム実況なんて見たことないけど大丈夫かな」という類のツイートを見かけた。

なんのこと…?とスクロールしていると「手越祐也、OPENREC公式アンバサダーに就任!」の文字を見かけた。ゲーム関係のお仕事が来たと徐々に分かってきた。

夢かと思った。

 

夢じゃなかった。

f:id:tgszr15:20200210004431j:image

 

自担が、また「好きなこと」を「仕事」にした。

なんなんだこの人。リアル「好きなことで生きていく」じゃん。YouTuberよりYouTuberしてるじゃん。存在がフィクションか??ファンタジーなのか?

本当にその日はなんだか面食らってしまって、落ち着いたころにはツアーの当落があって、とにかく大騒ぎしたまま床についた気がする。

当落自体が大きなイベントなんだからせめて日にちを分けてくれと勝手ながら本気で思った。感情を休ませてあげてほしい。

…とかなんとか言いながら、めちゃくちゃ嬉しかった。誰よりも手越さん自身が嬉しそうで幸せそうなのが一番うれしかった。

 

※ここからはちょっと混み入った話をするので、読みたくない人は戻ってください。

読んでくれてありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手越くんの「ゲーム」という趣味に対して、どう向き合っていいのか分からないことが多かった。何が正解なのか、正直分からなかった。

ソフトのゲームならまだ真似っこして同じゲームを買っていたかもしれない。でもオンラインゲームとなると話は別。彼のアカウントがどういう経緯か見つかってしまって以来、「超えてはいけない一線」が出来たような気がした。

ゲームをダウンロードして、アカウントを作ってしまったら生身の「手越祐也」を目の当たりにしてしまう。私の中で、どうしてもそれはタブーだった。だってそれは「アイドル・手越祐也」ではなくて「手越祐也のプライベート」だから。

1ファンである私が入っていい領域ではない。…と私は思っている。

飲食のアルバイトに例えよう。例えば常連のお客さんがいたとする。お店ではよく話すし悪い人ではない。世間話程度ならよくする。でも友達になるとかそういう関係ではない。

そんな人がある日Twitterをフォローしてきて「〇〇さんだよね?へえージャニーズ好きなんだー!」とDMしてきたらどうだろう。

私はやだ。絶対にヤダ。「てごちゃんかわいい食べたい」ってツイートを見られるからではない。なんとなく、完全に気を抜けるプライベートな空間までも仕事モードでいなくてはいけないような、妙な緊張感に襲われる気がする。でも関係性があるから今更ブロックはできない。「プライベートなのですみません」とも多分言えない。後で何を言われるか分からないので、下手なことは出来ない。

 

それが私にとっての荒野行動の位置づけだった。*1

人にされて嫌なことはしない。

いくらアイドルでもプライベートはプライベートだ。

有名税」なんて都合のいい言葉を使って週刊誌まがいのことをするのは私は絶対に嫌だった。

だから、去年のENCORE近辺でざわついた時に本当に悲しかった。ファンが大好きな人を傷つけてしまったと思った。本当に申し訳なくて悔しくて情けなくて、表向きは前向きな記事を書いていたけれど、ネットに流せない感情で溢れかえっていた。

その後もゲーマーの方と接触する度に叩かれてきたことを知っている。本人には出来たら知らないでいてほしいけど、私は知ってしまった。本人はプライベートで趣味を謳歌しているだけなのに。

 

大好きなゲームのせいで叩かれてジャニーズだから、芸能人だから、目立ってまた叩かれて…そんな手越くんを見るのが本当に辛かった。本人がどう感じていたとしても私は辛かった。

だから「ゲーム」という接点は彼とは一生持てないと思ってた。

 

大好きなゲームという趣味を仕事として還元してしまったことに本当に心の底からびっくりした。

と、同時にやっとオープンにゲーマーの手越くんが見れると思った。(OPENRECだけにね)(ちょっと文章が重すぎるのでふざけたくなりましたすいません)

こんな打開策があったなんて夢にも思わなかった。

仕事だからゲーマーさんと会うのは当たり前。

仕事の一環だから狂ったようにゲームをするのも大切。

公式の仕事だから私も安心して首を突っ込める。

 

彼は本当にすごい。「ジャニーズを辞めたらできること」を「ジャニーズのまま」、いや「ジャニーズ初の仕事として」始めてしまった。

好きなことを仕事にする、ことはもちろんだけど、今回の場合はただそれだけじゃなかった。

私にとってのモヤモヤした部分を取り払ってくれた。

就任会見のあまりにも可愛くて幸せそうで瞳をキラキラさせた自担を見て、さらに心から尊敬した。

ファン続けてきてよかったなあ。

 

今日の放送、案の定「ゲームキャラみたいな顔しやがって!!」と思わず悪態をついてしまいたくなるくらいのあまりにも美しい顔で、

「は?それ素でやってる??今は祐子ちゃんじゃないんだよ?女装してないよ?何考えてるの??」ってくらい素で女子力の高い仕草を見せつけられて面食らい、

とにかく大変だった。

寒空の下で歩きながら見たので本当に死ぬかと思った(色んな意味で)

ゲーム実況もしてくれて、選んだゲームが荒野行動だったのにはちょっとだけびっくりした。

地雷って言ってる人もいたし、辛くて離脱してる人もいた。分かる。私にとってもそれくらい苦い思い出のゲームだから。

でもプレイしてる顔が本当に楽しそうで、幸せそうで、それだけでいいのかな、と思った。

だって自担が幸せそうなんだもん。それが全てなんだから深い意味を考えるのは野暮だ。

私はこれからもあのゲームも、他のゲームもしないと思うけど手越くんが笑ってる顔は見ていたい。

そうやって幸せな顔を見られる時間が増えることは本当にありがたい。

事務所の方も本当に尽力してくれたんだと思う。もしかしたら各所に「起用しませんか?」って営業に行ってくれたかもしれない。

今回の起用に協力してくれて、本当にありがとうございます。

 

 

 

自担が新しい仕事を始めた。

好きなことを仕事にした。

私はそれがどうしようもなく嬉しい、

たったそれだけだ。

 

*1:もちろん荒野行動は悪くないし単純に好きでプレーしてる人は全然いいと思うのです!それは純粋に楽しんでほしい!

拝啓、あの頃のわたしへ

拝啓

いかがお過ごしでしょうか。

今何をして、何を考えているでしょうか。

脱退が発表されて、一晩中泣き腫らした夜明けでしょうか。

それとも、残った4人がステージ上で泣きながら謝っている夢を見た次の日でしょうか。

気持ちを切り替えて必死にテゴマスのまほうに備えている頃でしょうか。

はたまた、謎のカウントダウンが発表されて狂喜乱舞している頃でしょうか。

 

どの頃の私にでも構いません。

NEWSを応援し続けてくれてありがとう。

NEWSを選び続け、しがみつき、信じてくれてありがとう。

今日ふと、あなたのことを思い出したのでブログにしてみました。

高校生の私の心境は表に出せる部分だけですが今でもmixiのマイページにいけば読めるので、助かっています。残しておいてくれてありがとう。

 

人気の大黒柱だった2人が抜けて本当にびっくりしただろうし、心から不安だったと思います。

バンドのボーカルが抜けるような、「これからどうやって成立していけばいいんだ」感をずっと抱えていたような気がします。

 

でもね、あなたの自担はそんなにヤワじゃなかったです。

2人がいなくてもNEWSは4人で必死に戦って、それまで出来なかった…いや、やれなかったことを自由にやって、ある意味全然違う色のグループになりました。

今はもう、4人で活動してる時間も曲数も1番多いんだよ。すごいでしょ。

 

「次のオリンピックが先か、NEWSのライブが先か」みたいな自虐ネタはもう通じなくなりました。毎年必ずライブをやってくれるようになったからです。

アルバムも、ツアーも1年に1回必ずあります。びっくりした?信じない??でも本当だよ。

それも、コンセプチュアル…って言って分かるかな…テーマがものすごく凝ったものになりました。DIAMOND?確かに凄かったけどあんなの比じゃないよ。コンサートどころか違う国に連れていかれたような感覚になります。私たちはね、宇宙にすら行けるんだよ。

当時の4人にはきっと「スター」という才能がなかった…いや、あったんだけど少なくとも本人たちはそう感じてたんじゃないかなぁとなんとなく思います。だからこそ、自分に出来ることを一生懸命探して、もがいて、苦しんで、そうやって今の彼ら一人一人が出来上がったんだと思うし、その結果ものすごいクリエイティブ集団になったんだよ。本当に、大人もびっくりの(いや、本人たちもとうに立派な大人なんだけど)エンターテインメントを作ってます。きっとその世界があなたは大好きになると思う。それにセンスのいい大人たちが沢山ファンについてくれます。「ジャニーズなんて笑」って偏見で見てた人たちもあっという間に同志だよ。今のフォロワーさんはそんな人が多いです。NEWSはそんなグループになります。

 

「N」「E」「W」「S」それぞれの頭文字から始まるアルバムを作って、今度出るアルバムが最終作の「STORY」なんだけどね、そこで彼らが作詞作曲した曲が入るそうです。

どの曲かは明かされてないんだけど、曲目の中に「クローバー」って曲があります。

そう、毎日のように無い絵心を必死に絞りまくって描いてたクローバーだよ。

誰が言い始めたか、「NEWSは四つ葉のクローバーだね。幸せの象徴だね。」って言葉、メンバーにもこっそり届いてて本当に嬉しかったよね。

そんなメンバーが公式にファンに協力を呼びかけて今回のアルバムが制作されるんだって。

あの頃一方通行だったと思ってた想いがちゃんとつながる日が来るんだよ。びっくりだよね。私もびっくりした。

 

拝啓、あの頃のわたしへ

クローバーって曲名を聞いた時、ふとあなたに話しかけたくなってこのブログを書いています。

グループに仕事が来なくてもNEWSだけを見続けてた私。浮気しなかった私。それが偉いとは一概に言えない。もし浮気してたらまた違う生きがいを見つけていたかもしれないから。違う青春を送ってたかもしれないから。

それでもあなたはNEWSから目を逸らさなかったね。

待った挙句、脱退報道。

それでもめげずに必死に前だけを向いてファン同士のムーブメントに乗っかりまくって毎日クローバーを描いたり、友達と励ましあったりして、ようやくそれが報われたのが半年後の4月。

長かったね。でも待っててくれた。もういいや。ってならないでくれた。

ようやく発表された曲のタイトルが「チャンカパーナ」とか意味の分からない単語でも全力で喜んでくれた。(でもね、チャンカパーナは本当にすごいんだよ。偉大な曲なんだよ。まだあなたには分からないかもしれないけど。)

(それから、もっとトンチキな曲沢山出てくるから今のうちに耐性つけておいてね…)

ありがとう。NEWSを好きでいてくれて。ありがとう。喜怒哀楽を全部NEWSと共に持っていてくれて。

 

安心して好きでいて。

私ね、NEWSが好きで今こんなに幸せだから。

 

f:id:tgszr15:20200205013356j:image

NEWSの曲がオリンピック主題歌になる夢を見た。

みなさまご無沙汰しております。

「1週間に1記事!」をソッコーで破りました、らふです。←

前職を退職、引っ越しと荷物整理でバタバタしてまして、最近ようやく落ち着いてきました。

引っ越しって大変だね…(しみじみ)

まだまだ下書き供養が沢山あるのですが、昨日見た夢があまりに印象的だったので記憶が鮮明なうちに備忘録として残しておきます。

夢は良く見るほうで「夢を見たこと自体は覚えている」という類のものも合わせるとほぼ毎日見てるんじゃないかな…睡眠の質を改めた方がいいのだろうか…。

時折NEWSのメンバーが出てきてくれて「これから恋に発展するのでは…??」っていう絶妙に甘酸っぱい経験をしたりもするのですが、今年の初夢が「自分の住んでいる村が焼かれる」というとんでもない夢だったりします。(でも逆夢でいい意味の夢でした)(絶対直前に読んだゲームの王国の影響だ…。)

 

さて、前置きが長くなりました。

昨日見た夢ですね。

私たちは大抵、何かの発表をテレビやネットニュースで見ることがほとんどだけど、私の見た夢では何かの選考会場のようなところにいて、名だたるアーティストたちが並んでいた…ような気がする()

それこそ、オリンピックの会場が東京に決定した選考会の会場のようなところだった記憶。(実は当時私の大学サークルが運営に関わっていて、先輩が何人かボランティアで行ってました。)

偉い人が「今回の主題歌は・・・・NEWS!!」と発表した次の瞬間狂気乱舞する私たち。なぜかテレビ越しとかじゃなくて会場にいた記憶なんだよなあ…。

彼らの曲が選ばれたのは日テレ系のオリンピック主題歌。*1

壇上に呼ばれた4人は本当にうれしそうで、テゴシゲは涙ぐんでた。

コンサート会場じゃないのでてごちゃんは必死に涙堪えてたけど、その姿すら可愛くて愛おしかった。

私たちも、知り合いかどうかなんて関係なしに良かったね。嬉しいね。って泣きながら笑い合って、本当に幸せな時間だった。

 

なんでこのタイミングであんな夢を見たのか未だに謎だけど、冷静に考えて自担グループがオリンピック主題歌を歌うって本当に誇らしいこと。

オリンピックの中継のたびに流れるし、終盤には大会のハイライトと共に流れるし、年末の振り返り番組にも確実に使われる。

それは今年に限った話じゃなくて来年、次のオリンピック、今大会で活躍した選手のVTR…とにかくいろんなところで使われる可能性がある。

まさに国民的にオリンピックと紐づけられる曲になるってこと。

冷静に考えても本当にすごいことだと思う。

これは完全に贔屓だけど、彼らの歌声のパワー、声から伝わってくる感情、全体の声のバランス、曲のクオリティー*2どれをとってもオリンピックという大舞台にピッタリなんじゃないかな、と思っていて、どうにかしてこの夢が正夢にならないかな…ということばかり考えてしまう。

いつも口にした夢を叶えてきた自担が数年前から繰り返し唱えている「オリンピックに関わりたい」という夢。もちろんスポーツキャスターとしての手越祐也は見てみたいけどNEWSを愛する私としては音楽の面でも関わっていけたら本当に幸せだなあ、と思います。

NEWSちゃんが大好きな「言うのはタダ論」を信じてファンの私も大きく出たいと思います。

東京オリンピックの主題歌、NEWSに下さい!!!!

*1:主題歌、っていうかテーマソングって書いた方が正解なのか…?

*2:これに関しては制作陣に感謝。いつも素敵な曲をありがとうございます。

「仲がいい」という才能

今年は「とにかく沢山更新する!」を目標に行きたいと思います。

所感とか、Twitterに書ききれないけど記事にするほどのことでもない、ってラインのものもどんどん書いていきます。後で読み返した時に私が楽しいので。

ということで早速今週のKラジの話をしましょう…。

NEWS、仲良過ぎ問題。

ほんと、走魂のころからなんも変わってないね…。放送された時は「なんで山Pと亮ちゃんいないの?なんで4人??」ってなったけど確実に6人でやってたらあの空気感は出せなかっただろうなあ…。

あの頃ケラケラ笑ってた4人がそのまま一緒に活動して一緒に歳をとって、そうして今のNEWSが出来ている感じが本当に嬉しいです。

あまりにもバラバラな4人なのに全員が全員無理せずに自分のキャラを全面に押し出して、それでもうまくまとまっている…。っていうのがあまりにも奇跡そのものすぎてこれはもう魅力とかそういうレベルの話じゃない。

相変わらず自由すぎて全然本名言ってくれないてごちゃんとか、

誰も予期しないよく分からないところでスイッチが入る増田さんとか、

TLのシゲ担のほとんどを安心させるほど楽しそうにはしゃいでたシゲちゃんとか、

その3人を見て心から楽しそうに笑っていた慶ちゃんとか、

全員が「4人でいる時にしか出さない空気感」を醸し出してて、それを自覚してなさそうなところも含めてめちゃくちゃ貴重な20分だった。

ラジオの番組だけでこんだけ感想書けるんだから、テレビの偉い人は早く4人の冠番組作ってください。毎週欠かさず10000字以上の感想を送ります。(迷惑)

 

以心伝心ゲームで「それぞれが思う定番」を言ったら見事に合わないのに「手越に合わせよう!」って流れになった瞬間成功するところとか…にゅす恋のメイドイベントか?ってくらいに*1相思相愛で嬉しくなっちゃったなあ。

 

お題の出し方で慶ちゃんに大ブーイングしたり、

一人だけ「『豚の』生姜焼き」って言ったシゲちゃんに「インテリぶってる!」って叫んだり、

この1対3になる瞬間が誰にでもあるのが本当に面白くて、3人は責め立ててるのに高圧的に感じないのがすごい。これは愛がないとできないやつだ…。

一般的には「ヤバい手越と普通の3人」みたいに思われてますけど全然ですからね!!あとの3人もそれぞれにちょっとヤバいですからね!ちゃんと見て!!

 

 

「大人気グループの不仲説!」みたいなの、ここ最近本当に増えてるけど、ネットが広がって、過去の映像を簡単にプレイバックできる世の中になったから、より一層激化してるんだろうなあ。と思うわけです。

「〇〇は〇〇のことを本当は嫌っている」って言う先入観の元、たまたまそっけない態度に見える映像を流したら不仲説濃厚!ってことになってしまうし、そんなことで噂してたらきりがない。

Duetの卒業号で「NEWSを辞めようと思ってた」と言ったあの瞬間まで、私達はあの時期にてごちゃんがNEWSを離れようとしてたなんて1ミリも思わなかったわけで、本人がどう感じてるかなんて本人(とその周りの人)しか分からないです。
というか、それを表に出しちゃうような人は「大人気グループ」なんかになれないです。残念ながら。


「仲の良さ」なんて相性というよりも才能なんじゃないかなあ、と思うわけです。
いかに相手を理解して、理解した振りをしないで、どれだけ寛容になれるかっていうのは、これは才能でしかないです。
もちろん相性の良さも大事だけど、それだけで続くのは持っても数年。あとは努力と才能だと思ってます。その才能と努力と想像力のない人たちが「こんなに仲がいいなんて有り得ない!絶対に裏がある!!」と変な方向に想像力を働かせた顛末が不仲説なのかなと。1人の人間として思います。

 

同志、共演者、ライバル、他ジャンルスペシャリスト、恋人()、

数あるNEWSの関係性の中で「大学の同級生」みたいになるこの関係性が私は大好きでいつまでも、出来るだけ長く大学生に戻ってほしいなあと思います。

誰の憶測踏み込めないような、そんな「聖域」で有り続けてくれたら。

*1:2019.12.31~2020.1.10までNEWSに恋して内でやっていたストーリーイベント。4人の兄弟設定とお互いの兄弟愛にオタクの大半が爆死した

美しきファンであれ。

みなさま、あけましておめでとうございます!

3が日も終わり、正月ムードも少しずつ緩和される中、何をどこからどう書こうか迷いながら京都に戻りました。

ここ最近…てごちゃんのお誕生日記事あたりから、いい記事を、面白い記事を、みんなが喜んでくれそうな記事を、と変な方向に気を張ってしまって、ブログに対してあまりいいメンタルで臨めなかったな…というのが正直なところです。

それに加えて年末に「ジャニーズの写真無断で使わないでくださーい!」という旨の警告を受け、記事の半分以上を下書きに戻したり、写真を消したり…ということもあって、自分自身がブログに対して肯定感を持てないでいました。*1

もっと簡単に考えていいんだよね…。自分が書きたいこと、そして出来るだけ人を傷つけないこと、というのを念頭に置いて本年のブログ開きとさせて頂きます。

わー!なんかシゲちゃんみたいな回りくどさ!どうしよう!本題入ります!!←

 

12/29、年末のジャニーズカウントダウンに際して、集合うちわのプレ販に行きました。

まさかの「1グループにつき購入制限2枚」という笑っちゃうようなルールが当日発表され、カウコン当日の購入予定を前倒ししました。

これで地方販売(orネット通販)ないのはさすがに地方民いじめすぎるぞ…。

でもそこはさすがジャニオタ。交換購入という形で他G担と連絡を取り合い、無事に頼まれていた代行分を含め、7組のNEWSちゃんと帰宅することに成功しました。

NEWSとの掛け持ちファンとの交流はもちろんあるのですが、NEWSの現場にしか行かない私は実はこの日が初めての他G担との接触でした。

(カウコンもコスパが悪いので未経験)

どのグループのファンの方とやり取りしたかは伏せておきますが、結論から言うと、

ファンの雰囲気って、グループでめちゃくちゃ変わるな。

ということでした。

はじめましての段階で「あ…この人とはあんまり合わないかも」みたいなの、NEWSファン同士でもなかったわけではないのですが、ここまではっきり感じたのは初めてだったかもしれない…。

もちろん、音信不通、ドタキャンなどなど常識はずれな人はいなかったのですが、

なんていうんだろう、第6感、みたいなもので「根本的にこのグループのファンにはなれないな」って思ってしまった。

でもそれってものすごく怖いことだと思います。

何十、何百万といるファンの中のたった一人と1分程しか話してないのにそのファン、ひいてはグループの印象が何となく決まってしまうってことだから。

もちろんその逆もあって、「こんな人がファンのグループはめちゃくちゃいいグループだな」って勝手な先入観を持った人もいます。

世の中で騒がれている「〇〇のファンは常識がない」「〇〇のファンはキチガイしかいない」も、こういうあくまで対個人に関する印象だったりするんだろうなあ、としみじみ実感しました。

集団心理っていうのは良くも悪くも働くもので、たった数人がノリで始めた悪行をその場にいる全員が結果的にやってしまったり、その逆で、会場のゴミを一人ひとつでも拾って帰ろうとすれば会場は来たときより綺麗になることもある。これはアイドルの話ではなくて私が好きな10-FEETってバンドの話なんですけどね。

毎年やってるフェスの会場、公演中は紙コップだのペットボトルだのめちゃくちゃに捨てられてるんですが、終演後、バンドメンバーがステージに立つと客席にペットボトルのラベル一つ落ちてないという、もはやホラーみたいな現象が起きてます。*2

でもそんな10-FEETのファンのこと、みんな知らないでしょ??悪いことだけがどんどん広がっていくんですよね…。

私はNEWSのファンとして過ごす日、特に外界と接する時は自然といい子ちゃんを演出してしまいます。それが良いのか悪いのかは分かれると思うけど、せめて何の情報もない人たちには好印象を持ってもらいたいなという邪な気持ちがあります。カフェ入った時にいつも以上に店員さんにあいさつしたりとかね。

(と、先日フォロワーさんにお会いしたときに話したら深く共感されたので、類は友を呼ぶとはよく言ったものです。)

幸い、NEWSちゃんは「スタッフさんにも関係者の人にもNEWSのファンはマナーが良いねって言ってもらえる」と言ってくれるので、これからもその評判は落としたくないなあ、と思います。

2020年のNEWSとの向き合い方の方向性の一つが見えた所でそろそろ2000字に到達します。

今年もNEWSにとって、そしてNEWSファンにとって実りある、笑顔の溢れる1年になりますように♡

 

202.01.05 らふ

*1:でもアドトラとうちわの写真まで規制するのはどうかと思うぞ!

*2:ここ最近は「絶対にゴミを見つけたいメンバーVS絶対にゴミを残さないお客さん」みたいな構図になってる。どこに向かってるんだ…。

夢だったアフロディーテとの対面を果たしてしまった話

女神は、この世に、存在した。

 

今回はNEWSのオタクからちょっと離れて私の中の唯一の女神、田中みな実さんにお会いしてきた話をします。

(NEWSオタクの私は早く音楽番組の記事書いてください。)

 

始まりは10月某日。

突然発表された「田中みな実写真集発売」のおしらせ。

f:id:tgszr15:20191216205921j:image

夢か…??とうとう私の妄想が現実に入り込んできたんか???って本気で思った。

f:id:tgszr15:20191216205708p:image
f:id:tgszr15:20191216204512p:image
f:id:tgszr15:20191216204537p:image
f:id:tgszr15:20191216204526p:image
f:id:tgszr15:20191216204531p:image

 

夢じゃなかった!!!!!!!!!(クソデカメイちゃんボイス)

私がみな実さんに堕ちた経緯は書き始めたら止まらないので割愛しますが、とにかく女性芸能人で初めて「推し」と呼べる存在に出会ったので、そんな方の写真集が発売されるということが本当に嬉しくて嬉しくてたまらなかった。

 

NEWSで例えたら「全国ネットの冠番組決定!」かな……。

どうです?興奮しません??私はします。←

 

ということで、写真集のプロモーションに伴い、公式のインスタグラムも開設されました。

期間限定で1月をもって閉鎖されてしまうんですけど、本人が楽しそうに近況を発信してくれる場が出来るってそれだけで幸せだなあ、と今日この頃を噛み締めています。

心なしかインスタ開く回数も増えたしね…。

 

そしてなんやかんやあって、(割愛の仕方が雑すぎる)

12/14、写真集のお渡し会がありました。

チケットは先着順だったのでバンドに狂ってたあの頃を思い出しながら戦闘態勢で挑んだところ、見事参加券を勝ち取りました。

f:id:tgszr15:20191216204716j:image

今思えば200キャパの一般発売(正味20席)を争ったことを考えれば4000人は割といける数字だったのかもしれない…それでも数分後には売り切れてたらしいです…。恐るべし女神…。

それ以来当日まで申し込み完了のメールを見返してはニヤニヤするという1か月を過ごしました。(きもちわるい)

 

そしてなんとか当日を迎えました…。

前日の夜に

①会場の集合時間に間に合わない

②会場はすぐそこなのにたどり着けない

③無事に終わったはずなのにお渡しされた瞬間だけ思い出せない

というサザエさんもびっくりの豪華悪夢3本立てを見ましたが、現実の本番は大きな問題もなく会場に着けました。

会場には友達同士、恋人同士?で来ている人も多く、一人でオロオロしてしまいましたが、近くにいた綺麗なお姉さんに声を掛けてもらい、一緒に並ぶことに成功しました!やったぜ!!

 

でも私の緊張が落ちつくこともなくパーテーションの向こうに推しがいる、という信じられないほどの生殺しにあいながらイベントがスタートしました。

イベントと言ってもお渡し会。写真集を手渡しして頂けるだけなので、みな実さんに会えるのはほんの5秒程度で、一言ふた事伝えたら剥がされてしまうのですが、その一瞬が本当に長く感じました。

他のオタクのファンサレポを読んでいると、口を揃えて「その瞬間だけスローだった」って書いてあるんですが、まさにそれ

f:id:tgszr15:20191216204824j:image

テレビで見るよりずっと小柄でちょこんとしてて、顔が握りこぶしくらいしかない(比喩ではなくてほんとに。私がグー出したら見えなくなる。確実に。イベントがじゃんけん大会じゃなくてよかったって思った。私は本気です。)女神オブ女神が目の前で、私と目を合わせてくれて「ありがとう」って言ってくれた。

えー…なんで…私の方がありがとうなのに…。

どうしても自分の伝えたいことを伝えよう!って意気込んでいたのでみな実さんからはとにかく「ありがとう、ありがとう」って言われて、それが嬉しくて泣いてしまった。

正確に言うと必死に我慢して、ブースを出た瞬間にボロボロ泣いた。さすがに泣き顔は見せたくなかったのでめちゃくちゃ我慢した。

一緒に並んでくれた美女は私をなだめながらも感極まって泣きそうになってて、順番待ちしてる人たちの前で泣いてしまった。(びっくりさせてごめんね)

 

正直こんなに感極まるとは思ってもみなくて、そのことに自分でドン引きした。(ちなみにコンサート中の私は涙腺が壊れているので容易に泣きます。理屈じゃない涙がどんどん出てくるんだよなあ…)

でもそれくらい大好きで会いたい人がいて、その人が確実に私を見て「ありがとう」って笑ってくれたことがこんなにも嬉しいんだって気づけたのはとっても大きな収穫だったと思う。

 

その後、一緒にいてくれた美女と「このまま帰れなくないですか…??」と近くのカフェに入って1時間以上話し込んで最後にはLINEを交換するという小説みたいな展開になりました。

関西の方だから引っ越したら頻繁には会えないけど、時々ご飯に行こうねって言ってもらえて本当に嬉しかった。

みな実ちゃん、オタクは想像以上に色んなものを得ました。

手渡してもらった写真集を開封してしまったらこの時間もこの気持ちも書店で並んでる他の写真集と変わらないものになってしまうんじゃないかという気がして、もったいなくて帰りにもう一冊買いました。(オタク、そういうとこある。)

未だにあの日のことが夢だったのかもしれないと思い出すたびにふわふわした気持ちになるのですが、会場には遅刻せずに行けたし、障害物も行き止まりもなくたどり着けたし、みな実ちゃんに会えたことも鮮明に思い出せるので、夢よりもステキな現実を生きているのは事実です。

手越くんやNEWSが夢みたいな現実だとしたら私にとってみな実ちゃんは限りない現実。

あんなレベルの美女には到底なれないけど、彼女に憧れている限りは今よりもっともっと女の子であることの幸せを実感して生きていけるし、自分の可能性をどこまでも信じていられると思います。

大変なことも多いしめんどくさいことも山ほどあるけど、私、女の子でよかった。

大切な大切な一日。ずっと忘れません。

f:id:tgszr15:20191216205034j:image